へっどめにゅー
  • TOP
  • RSS
  • ABOUT
  • ツイッター
  • リンク集
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:34:52.79 ID:MeoIIUSL0
源氏物語クソつまらなかったですけど

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:35:27.13 ID:uh+goOIT0
こころ

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 19:46:13.94 ID:jdWTnrc/P
無難だけどやっぱ>>2なのかな
そもそも日本文学って定義が曖昧すぎるだろ


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 19:35:46.33 ID:JJCxDHnm0
ワンピース

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:36:45.64 ID:fC0ORM2w0
CLANADO

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:37:07.07 ID:MHdNUhus0
評価するかどうかとは別に
普通に面白いなぁと思いながら読めたのは漱石


12 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) [] 投稿日:2013/06/06(木) 19:37:11.29 ID:JVWdgRta0
志賀直哉
14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:37:20.74 ID:SVxuuLo/0
こころの全体から漂う鬱屈感は異常

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:37:51.64 ID:hAFjH4YZ0
村上春樹だねこれは
次に東野圭吾かな
その次は山田悠介


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:37:52.37 ID:IBk+DJHt0
エンタメ要素が強くなると文学として評価されなくなるのが残念だよね

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:38:01.36 ID:AFqD2cIe0
夏目漱石 明暗
島崎藤村 破壊
幸田露伴 五重塔


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:38:03.90 ID:Y68eZEyh0
舞姫

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:38:32.87 ID:ejDObiim0
春樹だけは無い
あんな気持ち悪い小説を評価してる奴は頭どうかしてる


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:40:08.34 ID:8SZ1jQo/0
金閣寺だろjk

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 19:40:37.51 ID:zgpT+27g0
坊ちゃんとかいう畜小説

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:40:57.94 ID:a33z8BLkO
羅生門

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:41:06.14 ID:krKLrSbYO
梶井基次郎

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:43:36.15 ID:4gUMFkgXP
>>34
梶井基次郎の冬の日
夏目漱石の夢十夜

が俺の中の頂点


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:41:42.21 ID:AZSGKY5I0
谷崎の細雪

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:45:05.95 ID:x8AdpXLC0
宮沢賢治は日本最大の作家なのは間違いないよ

人気の面でも影響力でも並ぶ作家がいない


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:48:23.71 ID:yBSVWfeW0
>>49
なんか一人だけ次元が違うよな
大正時代に、世間の作家が恋愛とか社会の矛盾とかを書いてた時代に賢治は銀河鉄道だからな


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:52:21.08 ID:x8AdpXLC0
>>59
生き方も伝説的だからな

内容も全て一人で世界観を構築してるし
それが色々なアニメや映画や教科書を通して
日本人の価値観の一部になってるところがある


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:46:25.34 ID:oO7yShpp0
志賀直哉でも読んでろ

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:47:00.03 ID:4gUMFkgXP
なぜ漱石の主人公はすぐ友人の女を奪うのか

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:47:40.89 ID:r6iWAYLJ0
仮面の告白

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:49:52.65 ID:NDMNKccS0
夏目漱石は今読んでも笑うとこある

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 19:50:21.22 ID:evsvA8SH0
時代考えると舞姫だろうな

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:51:08.43 ID:CqSfncFa0
乱歩の芋虫

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:51:53.97 ID:MHdNUhus0
宮沢賢治は一ジャンル開拓してるし偉大だけど
逆方面だが太宰とかのがまんべんなくファンついてる気はする
でも太宰は若者寄りかなぁ


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:52:25.54 ID:XkGt31KW0
仮面の告白か金閣寺かなと思ったらもう出てて安心

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:53:17.18 ID:crp+j42u0
宮沢賢治は作品で主に仏教の自己犠牲の教えを広めているから、子供に対するメッセージ性では一番高いと思う

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:57:59.54 ID:MHdNUhus0
>>73
宮沢賢治は仏教徒だが
自己犠牲的観点ではキリスト教の影響もあると思う
仏教に見れる自己犠牲とはまた違う部分があるような気が


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:54:26.97 ID:4gUMFkgXP
やっぱ漱石だよ
みんな漱石の真似から入ったんじゃないか当時は


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:54:47.18 ID:Tqg1/y2V0
まじレス。
源氏物語。


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:55:31.40 ID:NDMNKccS0
つるの恩返しとか世界に出せるおとぎ話だと思うんだが広まらんな

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 19:56:39.70 ID:xPIsk0qe0
山月記

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 20:02:25.34 ID:x8AdpXLC0
日本最大の作家を宮沢賢治とするなら
銀河鉄道の夜が>>1への答えになるな

文学上のオーパーツともいえる奇跡の作品


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 20:04:22.60 ID:yBSVWfeW0
宮崎駿は宮沢賢治を神扱いしてるからな

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 20:06:06.33 ID:NDMNKccS0
やっぱ銀河鉄道の夜だな
銀河鉄道って響きも素晴らしい


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 20:13:13.83 ID:BIEHwZ2l0
銀河鉄道の夜は文章が美しいってわけじゃないから日本文学の最高傑作と言うにはあまりに微妙すぎる

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 20:16:47.16 ID:5eF9E4T00
福沢諭吉の「脱亜論」

清国(中国)や朝鮮国とはつきあってはならないと書かれている。
この時代にそれを理解していたのが本当に凄いと思う。


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 20:16:53.19 ID:evsvA8SH0
色んなジャンルのある日本文学だと最高傑作は文章の美しさや構成の上手さで決めるのが公平かな
内容云々じゃなくて


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/06(木) 20:31:45.10 ID:4gUMFkgXP
>>92
つまり漱石の夢十夜だな


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/06/06(木) 21:13:08.11 ID:evsvA8SH0
>>96
個別でも良いし全体通しても素晴らしいよな



   

オススメ記事一覧

コメントする
名前
コメント

※ブラウザはchromeもしくはfirefoxでお願いします。
  • コメントがありません
コメントする
名前
コメント

管理人への要望やコメントで言えない事などはコチラへどうぞ。

名前
メッセージ


スポンサードリンク

...

人気記事

お知らせ

このブログについて


相互リンク募集中です!

RSS・相互リンクはメールにてご連絡ください!

メールアドレス
ennenu1998@gmail.com

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

おススメ記事

免責事項

公開されている文章・画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。
アクセスランキング ブログパーツ

他サイト人気記事